ZZR1100 クーラント/サーモスタット/ラジエターキャップ交換


京都で買ったバイクなので、北海道の冬でクーラントが凍結しちゃう! と思ってクーラントを交換しました。



ドレンプラグはどこかな? と探したら、ここにありました。
クーラントを抜いて入れるだけなので簡単です。薄めていないものを購入して、マイナス30度用に自分で薄めて使いました。



4輪でサーモスタットが閉じっぱなしの方向で壊れて、エンジンがオーバーヒートした経験があるので、ついでにサーモスタットも交換します。



リザーブタンクを洗ってきれいになりました。



サーモスタットハウジングのOリングも交換です。古いバイクだからカチカチになっていて、再使用は無理でした。



大きい方のOリングは純正部品を注文できなかったので、同じ大きさのものを探しました。
AS568 (ARP568) という規格の 内径 53.64mm 線径 2.62mm のものがぴったりです。



クーラントを入れてエア抜きです。クーラントは 4Lくらい入りました。



ゴムがひび割れているので、ラジエターキャップも交換しました。乗用車用は使えないのかな? と思って、手持ちのものを試しに付けてみたら、キャップがサーモスタットのハウジングにぎりぎりぶつかってしまいます。



1,600円くらいの社外品に交換しました。純正部品は 2,000円くらい、乗用車用だと 1,000円未満です。

このブログの人気の投稿

windowsで「インターネット接続の共有」の設定

Visual Studio Code のファイルエンコードにシフトJISを使用する