投稿

スズキ バーディー50 (FR50-8) の修理

イメージ
ヤフオクでジャンク品の原付バイクを買ったので、軽トラで札幌まで取りに行ってきました。
スズキのバーディ50というバイクで 19,800円でした。エンジンは掛かるけれど、ヘッドライト以外のランプが全部点灯しない、前後タイヤパンクという状態です。たぶん 1983年ころの車両です。36年前かー

スーパーカブが欲しいなぁと、Gooバイクとかヤフオクを見ていたんですが、北海道内では安い車両がなかなか無いんですよね、完動で10万円以内くらいで探していました。
それでたまたま見かけたバーディーを買ってみました。箱が付いているのと、2ストエンジンっていうのが良かった。



ランプが点灯しない原因を探ってみると、レギュレター入り口で電圧がありませんでした。
発電コイルをチェックしてみると、ここは正常。途中の配線が悪いようです。



フライホイールを外す工具を持っていなかったので買いました。作ろうかと思ったんですが、amazonでプーラーも押さえも 1,000円ちょっとで買えるのを見つけて、安いので買っちゃいました。




配線をチェックすると、コイルと車体側ハーネスの間のコネクタが腐食していて、これが原因でした。



配線の中も腐食していました。
バッテリー液でもかかったのかな?




腐食している配線と端子を交換して、ランプが点灯するようになりました。簡単に治ってよかった!
端子は平型端子の110型で、よく使うので在庫していました。

ギボシ端子は抜き差しが硬いので、普段からギボシ端子の代わりに平型端子の110とか250をよく使っています。



ついでなのでバッテリーを 6Vから 12Vに交換しました。
電球も全部12V用に交換です。



メーターの電球はハンドル周りを分解しなくちゃ交換できなくて、面倒でした。




メーターに付く T10型の電球は、ありあわせの材料で作りました。市販のLED電球は結構高かった。



半波整流から全波整流のレギュレーターに交換するので、発電コイルの配線を変更。


レギュレーターも 12V用に交換です。全波整流のほうが電力を多く取れるだろうと思って、全波整流のレギュレーターを買いました。amazonの中国発送品で 533円です。



どうやって繋いだらいいかなーと考えながら配線作っていたら、3時間くらいかかっちゃいました。



収まりました。セル無しだから小さいバッテリーで良いだろうと思って、バッテ…

5月は i☆Risさんのライブで札幌に行ってきました

イメージ
i☆Risさんのライブで札幌まで行ってきました。昼夜両方!



いままで札幌に行くときは日勝峠を通って行っていたのですが、今回は旭川経由で行って、日勝峠経由で帰ってきました。有料道路を使わない場合の距離はどちらも 420kmくらいなんですが、旭川経由のほうが少し短時間で到着する感じです。高速道路の無料区間があるからかな?
家から札幌まで、だいたい 7~8時間くらいかかります。

土曜日に出発して月曜日に帰ってきました、テントで二泊です。



野宿したので、ライブ前に24時間営業の温泉に行きました。
日曜日の朝6時に行ったんですが、仮眠室がそれほど混んでいませんでした。2,000円くらいで泊まれるのでこんど泊まってみようかな。



ついでにヤフオクで買った原付とエンジンコンプレッサーを引き取ってきました。バイクで行くつもりだったのですが、引き取りの用事が出来たので軽トラに変更です。




ハイゼットの鳥居を修理

イメージ
軽トラの鳥居が壊れてグラグラしているので、修理しました。



元の金具が頼りないので、フラットバーで新しく作って溶接しました。
調子に乗って溶接していたら、鳥居のパイプに穴が開いてしまって修正に時間がかかっちゃいました。パイプが薄い!



塗装の準備のために、鳥居をサンドペーパーで錆落とししていたら、反対側もひび割れができているのを見つけました。



面倒なのでこっちはそのまま溶接しました。



サンドペーパーで錆を落として洗ったあと、亜鉛の錆止めを塗りました。
錆止めは亜鉛塗料が一番です、はがれてこないし錆が出ません。



最後に、余っていた水性塗料で全体を塗りました。面じゃない物をスプレーで塗ると塗料の無駄が多くなるので、刷毛で塗ったのですが、ムラになるしタレるしで失敗でした。面倒くさがらずにスプレーガンで塗るんでした。

軽トラだから、まあいいや。



車に取り付けました。
余っていたクリーム色で塗ったのですが、違和感ありませんでした。

公開アルバム

イメージ
自然・風景
飛行機
自衛隊
雑多
電子工作
2006 WRC ラリージャパン 陸別スーパーSS


佐藤恭一 が撮影したリンク先の写真は クリエイティブ・コモンズの 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

googleフォトで複数のアルバムを一つのリンクで公開することができないので、しかたなく公開アルバムの一覧を作りました。picasaのころはできていたのに不便。

ゴールデンウィーク

イメージ
5月の連休は、バイクで旭川-天人峡のほうに行ったり



軽トラで枝幸町の千畳岩でキャンプしてきたりしました。
キャンプしている人が誰もいなかったので、とても快適でした。この日は風が強くて 10m/sくらいあったみたいです。夜になっても風が収まらなくて、建物の影にテントを移動しました。




Fujitsu Scan Snap fi-5110E0X の修理

イメージ
ドキュメントスキャナの紙送りローラーがベトベトになっているので、ローラーを自分で交換して修理しました。

ずいぶん前からベトベトになっていたのですが、ローラーにティッシュペーパーを巻き付けて、紙がくっつかないようにして使っていたのですが、ローラーの外径が小さくなってきてしまってスキャンした画像が縦に伸びるようになってきちゃったので修理です。



後ろ側から分解していきます。




ローラーが外れました。
ベトベトのローラーをウレタンパイプで作ったローラーに交換します。ウレタンパイプ(内径 6mm x 外径 15mm)はモノタロウで 600円くらいでした。



外径 6mmのシャフトに 内径 6mmのパイプで、ちょうどよいはまり具合です。スカスカしませんでした。



古いローラーをカッターで切って外しました。ガムのようにベトベトです。



軸に残ったベトベトはガソリンとイソプロピルアルコールで取り除きました。
イソプロピルアルコールのほうがよく落ちたんですが、ガソリンのほうが値段が安いので併用です。



ウレタンパイプを元ついていたローラーと同じ長さに切断。カッターで切ろうと思ったら固くて無理だったので、糸鋸で切りました。



ウレタンパイプの外径が 15mmで、これだと大きすぎるので旋盤で加工しました。元々のローラーがぐにゃぐにゃになってしまっていて、外径を正確に測定することができなくて、ノギスで測って 11.3mmくらいだったのですが、たぶん 12mmが正解だろうと思って 12mmにしました。




ウレタンのような柔らかい素材を加工したことがなかったので旋盤できれいに切削できるのかな? と不安があったのですが、ピンピンに研いだバイトを使ったら問題無く加工できました。



シャフトにローラーを取り付けました。差し込んだだけでですが、空回りする感じがないので接着剤は使用しませんでした。



組み立てました。



調子よくスキャンできるようになりました。
スキャンした画像のアスペクト比が正常なので、ローラーの外径は 12mmで正解だったようです。
2004年製造のスキャナで、もう15年も前の機械ですがまだまだ使います。