投稿

軽自動車税を払った

今年分の軽自動車税を払いました。軽トラック 6,000円大型バイク 6,000円250ccバイク 3,600円50ccバイク 2,000円 で、合計 17,600円でした。軽自動車税は安くて助かります。

原付バイクの 6V電装を 12Vに改造した(スズキ バーディー50 / FR50)

イメージ
6Vの電球やバッテリーが手に入りにくいので、原付の電装を 6Vから 12Vに改造しました。 車両は、スズキのバーディー50 (FR50) です。


元の 6V電装の発電・充電部分の回路はこんなかんじでした。


バッテリーとレギュレータを交換した後の回路はこう。
12V用の全波整流レギュレータは amazonで 533円でした。バッテリーは通信用の 12V 1.2Ahで 980円の小さな物を使いました。




コイルは巻き直したりはせずに、接続をちょっと変更しただけで、そのまま使用しました。 アイドリングでは電力が足りなくて充電されないですが、普通に走るくらいの回転数では十分な発電量でした。


すべての電球とウインカーリレーも 12V用に交換です。電球は元々ついているものと口金が同じで、ワット数が近いものを選びます。


改造前



改造後 12Vになったので、走行中にスマホなんかの充電もできるようになりました。


おまけ スズキ バーディー50 (FR50-7) 取扱説明書 配線図付き





5月になって Bloggerの UIが変わってから、Bloggerに画像をアップロードすると、横 512ドットにリサイズされてしまうようになった。困る。 「以前のBloggerに戻す」ボタンで戻せた。よかった。

ホンダ CD125K4 不動車を購入

イメージ
去年、2019年12月末に125ccの原付バイクを購入しました。ホンダのCD125というビジネスバイクで 1970年ころの車両です。ヤフオクで不動車をたまたま見かけて、28,000円でした。
しばらくバーディー50に乗っていたんですが、町内の買い物なら50ccで十分なのだけれど、隣町まで行くと他の車との速度差で走りにくいので、原付二種が欲しくなってきました。110ccくらいの横型エンジンが、中国製の新品で 2~3万円くらいで買えるみたいなので、バーディー50に積んでみようかと思っていたんですが、安い車両を見かけて CD125を買っちゃいました。



軽トラックで取りに行きました。家から3時間半位の距離です。



タンクの中がすごいことになっています。10年放置くらいではここまでひどくならないと思います。どれくらい放置されていたんだろう?




キャブレターの中は、ひどい詰まりとかはありませんでした。ダイヤフラムも破れていません。
パーツリストで調べたら、ダイヤフラムがもう手に入りません。破れたらどうしよう?



キャブレターを掃除して、ポイント(コンタクトブレーカー)を磨いたらエンジンかかりました。



この車両はバッテリー点火なので、電源を繋がないとエンジンが掛かりません。電源無しでキックして、エンジン掛からないなーとしばらく悩んでしまいました。
エンジンはかんたんに掛かったので、あまりお金をかけずに修理できそうです。


配線がネズミにかじられて断線したりしていました。現在ランプ類がすべて点灯しない状態ですが、発電はしているのでだいじょうぶ。

少しづつ修理しています。

原付で日本一周しようと思っていたんだけど中止

イメージ
4月1日に日本一周に出発しようと、去年から 50ccの原付に燃料タンクを増設したり、キャリアを作ったりして準備をしていたのですが、他人に病気を移したらよくないなと思って中止しました。



代わりに年末に買った不動のCD125Kの修理をはじめました。
まずは、燃料タンクのサビ取りから。

具無しカレーが美味しかった

イメージ
バーモントカレーと水だけで、具無しカレーを作りました。
そこそこ美味しいのですがコクが足りないので、玉ねぎの代わりに砂糖を少しと、肉の代わりのサラダ油を入れたら美味しくなりました。
これで十分。

原付の発電能力をチェック スズキ バーディー50 (FR50)

イメージ
原付で走行中にパソコンの充電ができるかな? と、発電能力のチェックをしました。
65Wの電球を負荷にして、電流と電圧の測定です。



レギュレター出口で 7Aくらい流れています。ヘッドライトを点灯していると電圧が下がるのですが、消灯しておけば 5Aくらい使って大丈夫な感じでした。
60Wくらいの充電器なら大丈夫そうです。

この車両はもともと 6Vなのですが、発電コイルはそのままで全波整流のレギュレターに交換して 12Vに改造してあります。

原付のウインカーを移設 スズキ バーディー50 (FR50)

イメージ
原付のリアウインカーがフェンダーに付いているんですが、これだとサイドバッグを付けられないのでストップランプの位置に移設しました。
少し配線を延長して、ストップランプの台座にドリルで穴を開けてウインカーを取り付けただけです。



最初からこの位置でいいのに。



そのままウインカーを取り付けたら、ウインカーがストップランプの影に隠れてしまって電球の交換ができないので、スペーサーを作りました。




スペーサーでウインカーを外側にずらしました。



サイドバッグを付けられるようになりました。
リアのバネがあるからサイドバッグ用にサポートはいらないなと思っていたのですが、バックが少し内側に寄るのでサポートも作ればよかった。

ウインドスクリーンと増設燃料タンクを取り付け スズキ バーディー50 (FR50)

イメージ
原付に風よけと増設燃料タンクを取り付けました。
風よけはamazonで1,600円くらいの安いやつで、燃料タンクはヤフオク1,000円のモンキー用です。


タンクを傾けなきゃ付けられないので、燃料の取り出し口を変更しました。



取付金具は、ありあわせの材料を溶接して作りました。



亜鉛の錆止めで塗装。



はじめ、3Lの携行缶固定しようかな?と思ったんですが、これだとセルフのガソリンスタンドで給油できないなと思って、モンキーのタンクを付けることにしました。



風よけの取付部品は自分で作りました。


ちゃんとできた。


金具も自分で適当に作りました。


割り算を間違えたけど、穴をあける前だったからOK!




試運転でスーパーまで買い物に行ってきました。
風よけの効果は絶大です。気温3度であんまり寒くありません! つけてよかった。
体に風が当たらなくなったら、こんどは手の寒さが気になってきました。



走ってエンジンが温まったので、ついでにギヤオイルを交換しました。このバイクは 2ストなのでエンジンオイルの交換はありません。

チェーン交換 スズキ バーディー50 (FR50)

イメージ
原付きのチェーンを交換しました。
あまり伸びていないのですが、スプロケットを交換したときについでに注文していたので、春になる前に交換しておくことにしました。
チェーンは安いノンシールチェーンです。チェーンカバーがついていてチェーンに水がかからないのでノンシールで十分。



長めのチェーンを買ったので、ちょうどよい長さにカットします。



ピンをグラインダーで削って、マイナスドライバーでコジれば簡単です。チェーンカッター無しで大丈夫。



新しいチェーンに付属しているクリップでつないで完成。



ついでにポジション球をLEDに交換しました。



切れた電球に、余っていたLED電球をハンダ付けしました。



点灯しました、すこし青っぽい。少しだけ省電力になります。

液体タイプのサビ落とし

イメージ
バイクのガソリンタンクのサビ取りしようと思って、モノタロウで液体のサビ落としを買ってみました。今回買ったのは酸性でリン酸が主成分の製品です。4Lで 2,000円くらいでした。



サビ落としを使ったことがないので、ガソリンタンクに使う前にテストで使ってみました。これは鉛バッテリーの液が漏れてサビたまま放置された、原付きのバッテリーホルダーです。
サビ取り液を水道水で5倍くらいに薄めて、漬け込みました。加温はしませんでした。



24時間後、サビが酷くてガサガサになっている所以外はサビが落ちていました。想像より良く落ちました。



歯ブラシで軽くこすったらガサガサの所もきれいにサビが落ちました。
結構ボロボロに錆びていたのに、完全にサビが取れちゃいました。こんなにきれいになるなんてびっくりです。
サビ取り液で、鉄自体は腐食しないように見えました。長時間漬け込んでも鉄が溶けて穴が空いちゃうことはなさそう。



サビ取り液が酸性なので、水洗いだけだと錆びるかな?と思ってアルカリ洗剤(換気扇クリーナー)で洗いました。



乾燥させてから、亜鉛のサビ止め塗料を塗って作業完了です。



試験紙があったのでpHを見てみました。サビ取り液は使用前も使用後も pH 1 くらいの強い酸性でした、手袋が必要です。