投稿

4月, 2019の投稿を表示しています

Fujitsu Scan Snap fi-5110E0X の修理

イメージ
ドキュメントスキャナの紙送りローラーがベトベトになっているので、ローラーを自分で交換して修理しました。

ずいぶん前からベトベトになっていたのですが、ローラーにティッシュペーパーを巻き付けて、紙がくっつかないようにして使っていたのですが、ローラーの外径が小さくなってきてしまってスキャンした画像が縦に伸びるようになってきちゃったので修理です。



後ろ側から分解していきます。




ローラーが外れました。
ベトベトのローラーをウレタンパイプで作ったローラーに交換します。ウレタンパイプ(内径 6mm x 外径 15mm)はモノタロウで 600円くらいでした。



外径 6mmのシャフトに 内径 6mmのパイプで、ちょうどよいはまり具合です。スカスカしませんでした。



古いローラーをカッターで切って外しました。ガムのようにベトベトです。



軸に残ったベトベトはガソリンとイソプロピルアルコールで取り除きました。
イソプロピルアルコールのほうがよく落ちたんですが、ガソリンのほうが値段が安いので併用です。



ウレタンパイプを元ついていたローラーと同じ長さに切断。カッターで切ろうと思ったら固くて無理だったので、糸鋸で切りました。



ウレタンパイプの外径が 15mmで、これだと大きすぎるので旋盤で加工しました。元々のローラーがぐにゃぐにゃになってしまっていて、外径を正確に測定することができなくて、ノギスで測って 11.3mmくらいだったのですが、たぶん 12mmが正解だろうと思って 12mmにしました。




ウレタンのような柔らかい素材を加工したことがなかったので旋盤できれいに切削できるのかな? と不安があったのですが、ピンピンに研いだバイトを使ったら問題無く加工できました。



シャフトにローラーを取り付けました。差し込んだだけでですが、空回りする感じがないので接着剤は使用しませんでした。



組み立てました。



調子よくスキャンできるようになりました。
スキャンした画像のアスペクト比が正常なので、ローラーの外径は 12mmで正解だったようです。
2004年製造のスキャナで、もう15年も前の機械ですがまだまだ使います。

ZZR1100で押し掛け

イメージ
今日バイクで隣町まで出かけて、用事を済ませてからエンジンを掛けようと思ったらバッテリーが弱って掛かりませんでした。昨日一晩充電していたし、近距離だしでブースターバッテリーは持ってきていません。
絶望!ガソリンスタンドまで押して行ってお金払って電気分けてもらわなきゃだめかな? と思ったんですが、押し掛けやってみたら無事にエンジンが掛かりました。よかった。
大型バイクではじめての押し掛けです。

一回目、二速でスロットルを閉じた状態でやってみたら、エンジンは回るけど掛かる気配はありませんでした。停車状態で二速に入れて、クラッチを握りながらバイクを押して走って、勢いがついたらクラッチを離すって要領です。
二回目、二速でスロットルを少し開けて押し掛けしたら、すんなり掛かりました。

エンジン掛かったし出発しようと思って、ギアを一速に入れたらエンストしちゃいました。サイドスタンド出てたのかな? また押し掛けです。
三回目、試しに一速でやってみたら、リアタイヤがロックして無理でした。
四回目、二回目と同じ要領でやったらすんなりエンジン掛かりました。

250ccのオフロードバイクと違って、エンジンが掛かった後のトルクが大きいのと吹け上がりが速いのでちょっと怖かったです。250ccだと「トントントンブロロロロ」って感じだけど、ZZR1100は「ヒュンヒュンヒュンギュイ~ン」みたいな感じ。

帰りは峠道を遠回りして帰ってこようと思っていたんですが、バイクが調子悪いのでまっすぐ帰ってきました。
帰ってきてバッテリーを見てみたら、液は減っていませんでした。とりあえず、しばらく充電してみて様子を見てみます。

今日は気温20度くらいで、冬装備で走っていたら暑かったです。