ダイハツ ハイゼット S200P にクスコ製LSDを取り付け


軽トラックにLSDを取り付けました。クスコ RSタイプ の 2WAY です(LSD 750 F2)。新品をヤフオクで購入して 8万円くらいでした。
皿ばねでカムを押さえるタイプじゃなくて、コイルばねでカムを広げるタイプです。

車体に組み込む前に分解してみました。分解は簡単。



組み立てるときに、2WAY と 1WAY を選択できます。



デフオイルを塗りながら 2WAY で組み立てました。
小さくてかわいらしいデフです。



NA6 ロードスターのデフと比べてみました。ロードスターのデフも小さいけど、ハイゼットのデフはさらに小さい。



デフを交換します。
アクスルシャフトを外すために、ブレーキシューを外したところにあるナット 4個を外して



アクスルシャフトをスライドハンマーで引っ張って抜きます。



こんな簡単な押さえで、走行中に抜けないんですね。



アクスルシャフトを抜けばデフが外れます。簡単。



デフが外れました。




サイドベアリングは新品の純正部品を用意しました(90043-63228)。1個 1,000円ちょっとでした。



ベアリングはハンマーで叩いて入れました。



リングギアは暖めなくても、するりと入りました。



デフを万力に挟んでボルトを締めたのですが、デフが丸くて引っ掛かりが無いので滑ってしまって大変でした。
外すのはインパクトレンチを使って簡単なんですけどね。




バックラッシュはシムで調整する方式なのですが、もともと入っていた通りにシムを入れたらバックラッシュが 0.1mm弱で、たぶんちょうど良い感じでした。
整備書を持っていないのでなんとなくです😊



一応歯当たりも確認しました。真ん中よりちょっと内側で当たっていてちょうど良いです。
歯当たりはピニオンの突き出しで調整しなければならないので、調整しようとすると面倒なのですが、ちょうど良い具合でよかった。



デフが出来上がりました。あとは逆の順番で組み立てれば完成です。

デフの着脱作業はけっこう簡単だったのですが、ドラムブレーキを触るのが初めてだったので、ブレーキシューの着脱が一番面倒でした。
真冬の作業で寒かったので、ちまちまと一日 3時間位づつ作業して 3日もかかってしまいました。




LSDを付けて走ってみた感じ

さっそく雪の中を走ってみました。バッチリ差動をロックして、アクセル踏んだら車がくるくる回ります。
緩いカーブの途中でアクセルを抜いて軽く減速する場面で、急に後ろが横に滑ってちょっとびっくりしました。後ろが軽くてかなり滑ります。ロードスターではこういう挙動はありませんでした。

雪の中で前に出る力が強くなるかな? と思ったのですが、これはLSDの有無であまり変化を感じませんでした。後ろの荷重が軽すぎるんでしょうね。ロードスターにLSD付けた時は、雪の中でずんずん前に進むようになって感動したので、軽トラでも期待していたんですけど残念。
後日、空気圧を 前 200kPa / 後 180kPa から 前 150kPa / 後 150kPa に下げて雪の中を走ってみるとだいぶ前に進むようになりました。雪質のせいかもしれないですがどうかな? 前輪が引っかかる感じが少なくなった気がしました。

舗装路を普通に走った感じは、バキバキ音も出ないしオープンデフとほとんど変わりませんでした。高速コーナーのような場面で少しアンダーを感じて、そこからアクセルを抜くと切れ込んでいく感じがあるくらいです。これはロードスターにLSDを付けたときも同じでした。





夏タイヤに交換したら、駐車場とかでハンドルをいっぱい切って動くときに、ちょっとゴリゴリを感じるようになりました。

このブログの人気の投稿

windowsで「インターネット接続の共有」の設定

Visual Studio Code のファイルエンコードにシフトJISを使用する