2016年7月1日金曜日

うたのぼり健康回復村の無料キャンプ場でキャンプ

枝幸町の千畳岩無料キャンプ場でキャンプしようと思ったのですが、たまたま枝幸町のかに祭り前日でキャンプ場が大変混雑していたので、うたのぼり健康回復村の無料キャンプ場に変更しました。千畳岩から車で30分くらいでしょうか。



北海道枝幸町の千畳岩に行ってみたのですが

千畳岩の無料キャンプ場はすごく混雑していました。

千畳岩から移動して、うたのぼり健康回復村のキャンプ場に来ました。うたのぼり健康回復村の温泉前を通り過ぎて、舗装された結構急な山道を1.5kmくらい道なりに上ってゆくと、山の頂上がキャンプ場になっています。山の頂上ですが、見晴らしは良くなく林の中のキャンプ場といった感じです。

無料のキャンプ場で管理人さんもいないので、直接キャンプ場まで行って、センターハウスのノートに名前を書くだけで利用できます。

この日は気温が20度強で、日なただと暑いですが日陰ではちょうどよい気温で、キャンプ場の風通しが良いのもあって過ごしやすく感じました。

どういう訳か、キャンプ場に蚊がいませんでした。半袖で外に出ていても刺されて痒くならなくて、とても良かったです。標高があるからでしょうか?時期的なものでしょうか? ハエはそこそこいました。

15時くらいに到着しましたが、到着時点でRV車3組、バイク1台いて、テントが3張り張ってありました。池のそばにテントを張ったのですが、日が暮れてからカエルの鳴き声がうるさかったです(笑)。
夕方までに、さらに3台車が増えましたが、車中泊の人が多いみたいで自分も入れてテントは4張りだけでした。

キャンプ場には炊事場、トイレ、キャンプ場のセンターハウスと森林館という林業の展示施設と散策路がありました。トイレは水洗ではありません。水道はありました。ドコモの電波は入って、ネットにつながりました。

森林館の展示

散策路

テントを張ってから、16時30分くらいになって涼しくなってきたので、下の温泉に入ってきました。大人400円で浴場にシャンプーとボディソープがありました。座敷の休憩室もありました。休憩室の場所は少しわかりにくかったですが、廊下を挟んで食堂の向かいあたりにありました。500円の温泉が多いところ、400円はめずらしいですよね。

キャンプ場から見えた夕暮れ

夜、天気が良かったので星空を撮ってみました。三脚を持ってくるのを忘れたので、柵の上にカメラを置いたり、地面にカメラを置いたりして撮影しましたが、暗くてフォーカスを合わせられませんでした。

明るいうちに無限遠にフォーカスを合わせて、ずれないようにテープでも貼っておくか、無限遠で止まるMFレンズを用意するかしないと、星空をちゃんと撮るのは無理ですね。

これはシャッター速度30秒なのですが、30秒もシャッターを開けていると地球の自転の影響が見えてしまうのですね。

キャンプ場には所々街灯ありますが、夜中になると消灯するようでした。

これは20秒。あまり流れているようには見えない。フォーカスは合ってないですが。


キャンプ場から見た日の出前

市街地から10kmくらい離れていて、付近に買い物をできるところが無いので、食事など買い物は済ませてからくるとよいと思います。近くの温泉の売店にはお土産くらいしか無さそうでした。温泉に食堂はあります。

有名じゃないのであまり混雑していません。静かで落ち着いたキャンプ場でしたよ。無料ですし温泉が近いですし、ツーリングで付近に来た時には利用してみるとよいのではないでしょうか。
そこそこ近くにある、びふか温泉のキャンプ場や岡島の道の駅にあるキャンプ場は夏場いつも混雑しているので、そんな時にここに来てみると良いかも。加須美峠・函館の林道(道北スーパー林道)からも近いです。

混雑が嫌いで、今までキャンプ場以外での野宿ばかりしていました、キャンプ場を利用するのは今回が初めてでした。