投稿

2019の投稿を表示しています

溶接機の修理

イメージ
去年12月に買った溶接機が、故障して電源が入らなくなったので修理しました。



amazonで 9,900円くらいで買った、HITBOX AT2000 っていう 100/200V両用のインバータ溶接機なんですが、購入して 7ヶ月くらいなので無償修理か新しい製品に交換してくれないかなと思ってメーカーに連絡したら、無償で部品を送ってくれることになりました。
連絡をやり取りした相手が販売担当の人で、技術的なことがわからないようだったので、どの部品を交換する必要があるのかは、自分で診断する必要がありました。
IGBTが短絡していたのはすぐにわかったので、IGBTを取り外すと、IGBTを取り外した状態では電源が入るようになりました。
オシロスコープでIGBTのゲート信号を見てみると、IGBT 4個のうち 1個のゲート信号がありません。パターンを追うと、10Ωのチップ抵抗が焦げて断線していました。抵抗が断線してくれたおかげで被害が他に広がらなかったようです。
IGBTと抵抗を交換すれば治りそうだと判断しました。

内部で回路が短絡すると、リレーで電源の入力を遮断する仕組みになっていて感心しました。



IGBT 4個と、IGBTのゲート線の抵抗 1個を交換して正常に動作するようになりました。

使われていたIGBTは、MBQ40T65QES 40A 650V でした。
IGBTのうち 2個はすべての端子間が短絡している状態で、残りの 2個は正常のような感じでしたが、IGBTを 4個送ってもらったので 4個とも交換しておきました。
使われているハンダの融点が高くて、部品を外すのに手間がかかりました。



100Vで使えるインバータ溶接機はすごく良くて、90A出力で休まず使えます。出力を100Aくらいに上げると 15Aのブレーカーが落ちます。
溶接棒は 2.0mmと 2.5mmがちょうど良いかんじです。

100Vのトランス式溶接機は出力電流が弱くて、すごく溶接が難しいのですが、インバータ式ならバリバリ溶接できます。エンジン溶接機の出番が無くなりました。


運転免許の更新

イメージ
釧路まで、免許の更新に行ってきました。
一般講習は11時からなのに、9時に到着しちゃいました。早すぎました。



ついでに、軽トラックの車検シールを再交付してもらってきました。
たぶん軽トラックを買ったときから車検のシールが貼っていなかった気がするんだけど、シールを貼らなきゃ違反らしいので行ってきました。
軽自動車協会に行って、用紙に自分の住所と名前を書いて判子を押して、車検証と一緒に提出するだけで、簡単でした。手数料は 300円。



帰りにハードオフに寄ってきました。
UPSが 1,500円でちょっと欲しいなと思ったんですが、買わずに帰ってきました。
地元のリサイクルショップとくらべて、商品の価格が低めでした。大きい街だと商品がよく動くから、価格が安めでも利益が出るんでしょうね。

釧路の気温が27度くらいで、走っているとちょうどよい感じでした。帰りに内陸のほうに入ると31度くらいで、ちょっと暑かった。

スズキ バーディー 50 ドライブスプロケット交換 13Tから15T

イメージ
スズキ バーディーのギヤ比が低すぎて、今ひとつ乗りにくいのでドライブスプロケット(前側)を 13Tから 15Tに交換しました。
だいぶ走りやすくなりましたよ。

クリップで止まっているだけなので交換は簡単です。
スプロケットが大きくなったら、チェーンの長さが足りなくなるかな? と思ったんですが、チェーンはそのままで張りを調整するだけで大丈夫でした。



付いていたスプロケットは 13T



購入した 15Tのスプロケットは、キタコの品番 530-0024215 で、1,000円くらいでした。
品番はキタコのwebサイトから「バーディ」で検索したら見つかりました。ヤマハの原付とスズキの原付で共通のようです。



交換しました。ガタ無くぴったりです。



はじめ、420サイズなら全部共通だろうと思ってホンダのスーパーカブ用を買ってみたんですが、カブ用のほうが軸の入る穴の大きさが 1mmくらい大きくて、バーディーに付けるとガタガタでした。走ることはできたんですが、すぐに買い直しました😆

FR50 エンジン性能
FR50 走行性能

スズキ バーディー FR50 減速比

1時減速比3.3801速4.1812速2.2003速1.450FスプロケRスプロケ13362次減速比2.769トータル

CASIO MX-101 の内部写真

イメージ
カシオのMSXパソコン MX-101 のジャンク品を 1,000円で購入しました。これは正常動作しました。
1986年に 定価 19,800円で発売された機種です。
PV-7/16も小さかったのですが、MXは横幅が 255mmくらいしかなくて、ミニチュアかと思うくらいの小ささです。



PV-16では基板の部品面をGNDにしか使っていませんでしたが、MXになって両面を配線に使うようになりました。が!、スルーホール無しの両面基板で、表裏の接続はジャンパー線で行っています。プリント基板を自分で手作りするのにめっちゃ参考になります!



PV-16と比べてずいぶん部品が少なくなりました。PSGと8255とDRAMコントローラなんかが裏面のICに統合されたようです。













CASIO PV-7 の内部写真

イメージ
ジャンク品の カシオ PV-7 (MSX) を 1,000円で購入しました。小学5年生の時に、貯めていたお年玉を全部使って購入した機種なので懐かしい😊 1984年に定価 29,800円で発売されたパソコンです。




片面基板でコンパクトにパソコンを作っちゃうカシオすごい!
後継機のPV-16では、ビニールコードのジャンパーは無くなって、基板が2階建てになっていました








購入した機体は、どうも電圧を逆に加えられたらしくて故障していました。カシオのMSXパソコンのACアダプタは、ファミコンやメガドライブ(1)と同じくセンターマイナスなんです。



レギュレーターを交換すると、電圧は正常になって青い画面が出るようになったのですが、起動しません。



アドレスバスは正常なのですが、データバスの波形が変です。



CPUの足を浮かせると波形がまともになるので、CPUは壊れてなさそう。
データバスにつながっているICはいくつもあるので、面倒くさくてこれ以上は調べませんでした。


EPSON PC-486GR を修理した

イメージ
故障した PC-486GR の修理がしたくて、ジャンク品のPC-486GR+ を購入しました。見るからに状態が悪いので、安く 1,000円で買えました。見た目がまともなら、ヤフオクでジャンク品が 5,000円前後で落札されている感じでした。

外観がボコボコで水濡れ跡もある状態の悪い機体で、電源も入りません。
電源スイッチ内部の接点が焼損していたのでこれに対処したら電源は入るようになったのですが、起動しませんでした。セルフテストのエラー音も無いので、CPUが走っていない感じです。



基板をアルカリ洗剤で洗って



エアーで水気を切ってから1日置いて乾燥させると



動くようになりました😊



動くようになった PC-486GR+ のメイン基板を、故障していた PC-486GR に取り付けて修理完了です。
GR+にハイレゾボードが付いていたので、GRにハイレゾボードも移植してハイレゾモードで起動させてみたら、ちゃんと24ドットフォントでMS-DOSが立ち上がりました。専用のソフトウェアがなくてもハイレゾモードで動くんですね。
PC-98系のハイレゾモードのDOS画面を初めて見ました。オフコンみたいです。

スズキ バーディー 50(FR50)シート張替え

イメージ
このあいだ買ったバーディーが走れるようになったので、破れていたシートを張り替えました。



FR50用のシートカバーが見つからないので、BA41A用のシートカバーを購入しました。1,800円くらいです。



古いシートカバーを剥がして、新しいシートカバーをタッカーで止めるだけなので簡単です。
古いカバーは固くなっていて、折り曲げると割れるような状態でした。



タッカーの針は 6mmを使いました。これより長いと、きっとお尻に刺さっちゃう。



別車種のシートカバーなので、大きさが合わなくていまいちピンと張りませんでした。すき間に台所スポンジを詰めてこんな感じです。



それでも、だいぶ見栄えが良くなりました。