2016年7月5日火曜日

引っ越ししたら、車検証の住所変更をしておいたほうが良いという話

このあいだ、乗用車の一時抹消登録の手続きをしたのですが、車検証の住所と住民票の住所が違っていると、本籍の役所まで行って、これまで住民票を置いたことがある住所すべてが記載されている「戸籍の附票」というものを発行してもらわなければならず面倒でした。直接出向かなくても郵便で依頼することもできるのですが、どちらにしても面倒です。
車を売る時や、廃車にする時にも同じ書類が必要になります。

車検証の住所から一度引っ越ししただけなら、住民票だけで車検証の住所変更でも一時抹消登録でも出来るので、引っ越しをして住民票を移したら車検証の住所変更もしておいたほうが面倒がなくてよいです。
住所変更は、自分で運輸局に行って手続きすると 420円くらい。ナンバープレートが変更になる場合は 2,000円強くらい掛かるみたいです。

本籍のある役所まで気軽に行ける距離なら、住所変更はしなくてもあまり困りません。車検の継続も受けられますし。

車検証の住所変更をしない場合でも、自動車税の住所変更はネットで簡単にできます。「自動車税住所変更届」とかで検索してみると良いです。
車検証の住所変更をしておけば、自動的に自動車税の通知も新しい住所に来ます。