2016年7月5日火曜日

家の屋根を塗装

屋根の塗装が傷んできたので、屋根の一部だけ塗り直しました。

グラインダーにワイヤーブラシを付けてサビを落としてから、ブラシと洗剤で洗って、水で流しました。
洗剤には手洗いに使うピンク石鹸を使いました。安いので一箱(6kgで600円くらい)買ったら、なかなか減りません(笑)。ピンク石鹸じゃなくても、クレンザーのような洗剤が良いと思います。

洗い終わった所。

二階の屋根から氷がドカドカ落ちてくる場所なので、どうしても屋根が痛みます。

錆びている所を亜鉛の錆止めで塗りました。

錆止めには「ジンクZ96」というものを自動車の塗装なんかでもいつも使っています。亜鉛の錆止めは「ローバル」が有名ですが、これはローバルより少し安くて、効果も変わらない感じです。
上塗り出来ないとなっているのですが、水性塗料なら異常無く上塗りできています。
ラッカーシンナーのような強い溶剤を使う塗料で上塗りすると、錆止めと上塗り塗料が混ざってしまったり、艶が出なかったりで調子悪いです。

トタン用の水性塗料で塗装しました。

塗装完了。乾燥してから二度塗りしました。
使ったハケが硬かったせいか、ハケ目が目立つ仕上がりになりました。ローラーで塗ればよかったかな?

前回は5年くらい前に油性塗料で塗ったのですが、ペイント薄め液(灯油の臭い)を使うタイプの油性塗料は乾燥が遅いのと、塗装面のベタつきが長期間続いてホコリを呼び寄せるので、いまいちな感じでした。

塗ったばかりなので、水を良くはじく!

作業は
1日目 暑かったので夕方から錆落としの後、半分洗って時間切れ。
2日目 朝から屋根を洗って乾燥させた後、昼から錆止め塗装と1回目の塗装。この日も快晴で暑かった。
3日目 2回目の塗装。2時間位で完了。この日は快晴だったけど気温15度位で涼しかった。

錆落としと洗浄が面倒で疲れました。屋根にかぎらず、塗装は洗浄などの準備が一番大変なんですよね。
屋根を塗ろうと思って1年くらい前にペンキを購入していたのですが、今回やっと作業しました。