2016年6月20日月曜日

パナソニックの格安SIM Wonderlink F-使い放題700 を固定回線の代わりに使う

パナソニックの Wonderlink F-使い放題700固定回線の代わりに2週間ほど使っていたのですが、十分使い物になる感じなので フレッツADSLを解約してしまいました。

Wonderlink F-使い放題700は、700kbpsで使い放題の格安SIMです。使い放題の格安SIMでは、表記の速度よりずっと遅い速度でしか通信できないものがほとんどなのですが、Wonderlink F-使い放題700は安定して 700kbps程度で通信できています。本当に素晴らしい。

こんな具合で、本当に 700kbpsくらいで安定して通信できます。夜になると混雑するのか、応答がやや遅くなりますが(レイテンシが大きくなる)、それでも通信速度自体は 700kbpsくらい出ます。

2週間で 74GBも使いました。GoogleドライブからOneDriveに7GBくらいファイルを移動して同期したりで、普段より多めの通信量になっています。
「直近1日(24時間)の通信量が1GBを超過した場合は、ネットワークの状況により速度制限をする場合があります。」とあるのですが、これまでの所24時間で1GBを遥かに超える通信を行っていますが、極端に通信速度が下がる様子はありません。今後もこの調子で使えるとありがたいです。


料金


これまで毎月の料金が

フレッツADSL(モアII) 2,750円
プロバイダ(@nifty)1,250円
(モデム・スプリッタは自己所有なので、レンタル料金は無し)

合計 4,000円(消費税別)
だったのが


Wonderlink F-使い放題700 1,580円
プロバイダ(@nifty) 250円

合計 1,830円(消費税別)

で、フレッツADSLの半額以下になります。プロバイダ料金は払わなくても良いのですが、20年以上使用している@niftyのメールアドレスを維持するために、解約せず基本料金だけのプランに変更しました。
光回線にしようかと何度も考えていたのですが、一軒家だと月々の料金が高くて 5,000円くらいになってしまうので、これまでADSLを使用していました。ADSLでも20Mbps程度の通信速度が出ていて、速度の不満はありませんでした。


700kbpsでどの程度使えるのか


問題ないもの

  • Blogの更新・写真のアップロード
  • 通常のwebサイト閲覧
  • ネットショッピング、amazonやYahoo、ヤフオク
  • Youtubeの動画(240p)
  • バンダイチャンネル(180p)
  • ネットラジオ
通常のwebサイトなどは結構表示が早くて、問題なく使えます。
Youtubeの動画も 240pならすぐに再生が始まるし、途中で途切れることもありません。360pだと時々再生が引っかかることがある感じです。
バンダイチャンネルも低画質モードの180p(300kbps)なら止まらずに見ることが出来ました。

ダメなもの

  • ニコニコ動画
  • Youtubeの動画(HD画質)
ニコニコ動画はサイトの表示自体が遅いのと、エコノミーモードの動画でもバッファに溜まるのが遅くて試聴はほぼ無理でした。バッファに完全に溜まるのを待ってから再生すれば見ることが出来ますが、とても時間がかかります。
ニコニコ生放送はストリーミングでの試聴になるので、頻繁に途切れます。
PCではなく、スマートフォンのアプリでニコニコ動画を見ると、混雑している時間帯でなければ止まらず見ることが出来ました。

微妙なもの

  • IP電話
  • 大きなファイルのアップロード・ダウンロード
IP電話(ハングアウトダイヤル)で固定電話に電話をかけてみたのですが、遅延が1秒以上あって使いにくい感じでした。全く使えないというわけでもない、微妙な感じです。ADSLでは遅延を体感できない程度で通話できていました。

通信速度が 700kbpsしかありませんので、大きなファイルのアップロードやダウンロードは現実的ではありません。
寝てる間に通信させていると、一晩で1GB強通信できます。
700kbpsの最高速度で通信できた場合で、

1秒 700kbit(87.5kbyte)
1分 5,250kbyte(5.13Mbyte)
1時間 307Mbyte
24時間 7,382Mbyte(7.2Gbyte)

通信できることになります。実際にはずっと最高速度で通信できるわけではないので、これより少なくなります。