2014年7月7日月曜日

NEC PC-TV451 ディスプレイ修理

少し前に X68000PC-9801 を引っ張り出した時に、一緒に出したディスプレイ (NEC PC-TV451) の調子が悪かったので修理してみることにしました。
このディスプレイはデジタル・アナログRGB両用で、X1やPC-8801の15kHz、PC-9801の24kHz、X68000の31kHzなんかの表示ができて、現行のディスプレイでは換えが効きません。

故障の症状は、いちおう表示は出るけれど上の方がダブって表示される状態です。
走査線が上に戻りきる前に表示が始まってしまっています。
分解してみると何ヶ所か半田が割れているところがあったので、再半田しました。
プリント基板の銅箔が腐食して断線しているところがあったので、
ジャンパー線でごまかしました。どうして腐食したんだろう? 液漏れではなさそうでした。湿気?

これで直ってしまいました。簡単に直ってよかった。
綺麗に表示されるようになりました。
こんな感じで修理出来ましたが、災害や事故の原因になるので、素人がなんでも修理するのはやめたほうが良いです。
特にプラウン管のテレビやディスプレイなんかは、電源を切ってコンセンを抜いても数万ボルトに充電されている部分がありますしね。