2013年11月5日火曜日

NA6CE ロードスターに13インチアルミホイール

中古の冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)を購入しました。13インチのアルミホイール付き 4本で 4,305円(+送料 6,320円)でした。安く買えました。

NA6 ロードスターに13インチのアルミホイールを付けると、ブレーキに干渉するかも?と少し不安でしたが、取り付けてみると問題ありませんでした。
十分隙間があります。
14インチの NA8 ロードスター純正ホイールを付けるとこんな感じ。
中古のタイヤですが、ほぼ新品同様です。
購入したタイヤは YOKOHAMA SY01 というタイヤで、サイズが 165R13 6PR です。商用のバンなんかに使うサイズですね。タイヤ外径が 約600mm なので、NA6CE  標準の 185/60R14 の外径 580mm より 20mm 大きくなります。車高が 10mm上がって冬に好都合です。

ブロック間の隙間が広めで好みのパターンです。ブリジストンのスタッドレスタイヤなんかのようにブロックの隙間が狭いタイヤは、アスファルトを走るぶんにはヨレなくて良いのですが、シャーベットや新雪で車が浮き上がってしまってなかなか前に進まないので苦手です。
同じ理由で、冬は細いタイヤのほうが走りやすく感じます。
ブロックの隙間が狭かったり、太いタイヤで接地面積が広いタイヤのほうがミラーバーンの交差点とかで滑りにくいかというと、自分が運転する感じではそんな感じはなく、細くても太くても同じように滑るなぁと感じます。気温が低くて乾燥したアイスバーンなら太いタイヤのほうが滑らないと思うのですが、そういう路面は元々滑りにくいのでどうでもいいですね。
大型バスを運転しても乗用車より全然滑らないので、スタッドレスタイヤは細くして接地圧を上げたほうがいいのかなと思っています。

ホイールは PDC100 13インチ リム幅 5J オフセット +35 中国製でタイヤ量販店で売っているような感じのホイールでした。