2013年5月4日土曜日

錆止め

昨日洗ったメンバーとアームに、刷毛塗りで錆止めのローバルを塗った。
今までに油性の錆止めや水性の錆止め、あと POR-15 なんかも使ったけど、錆止めにはローバルのような亜鉛塗料じゃないと長持ちしません。
塗料の取扱説明書では、亜鉛塗料の上への上塗りが難しいと書いてあるのですが、今まで普通に上塗りして剥がれたり問題が出たことはないので、気にせず上塗りしています。
ローバルの96%が亜鉛粉末なのですが、別のメーカーからも同じようにたくさん亜鉛が入った錆止め塗料が出ているのでそういうのも良いと思います。いままでホルツとニッペの物を使ったことがありますが、同じように錆止め効果を発揮するように感じます。

POR-15は、小さな隙間にもよく染み込むし、硬化後は自動車用のウレタン塗料のようにカチカチに硬化するし、一液性で使いやすいので、ちょっとした補修には便利です。ちゃんと下地処理をしてから塗れば剥がれてくるようなこともありません。でも値段が高いので、二液性のエポキシ接着剤で代用したほうがいいかな? エポキシ接着剤でもPOR-15と同じように使えます。100円ショップで売ってるし。
POR-15の取説に、軽いサビの上からならそのまま塗っても錆止め効果を発揮するって書いてありましたが、錆の上から塗っても塗料の内側で錆が成長しました。でも、3年くらい持ったかな?

油性や水性の錆止めは気休め程度にしかなりませんね。1年もすればまた錆が目立つようになります。